お知らせ

パチンコ店「全面禁煙」は全国ホールに蔓延か? 喫煙規制「ホール衰退」囁かれるも「お上」追い込み喫煙規制


2020年開催の東京オリンピックに向け、受動喫煙対策が活発化している昨今。昨年政府は、たばこ税を1本当たり3円増税する方針を発表。2014年以来の増税となり、喫煙率はさらなる低下が見込まれる。

現に、JTが発表した全国たばこ喫煙者率調査」によれば、2016年では喫煙者数は男女合わせ2027万人だったものの、2017年は1971万人に減少したという。今に始まったことではないが、全体的に減少傾向にあるようだ。

http://biz-journal.jp/gj/2018/01/post_5668.html

»新着情報一覧へ戻る

禁煙ポスターはむしろ逆効果? 青少年は喫煙意識が高くなる


喫煙が健康に与える影響は大きく、喫煙者は非喫煙者に比べて10年ほど余命が短くなるといわれています。また喫煙は、その副流煙がたばこを吸う喫煙者本人のみならず、周囲の人の健康にも影響を与えることが分かっています。

https://hc.nikkan-gendai.com/articles/221908

»新着情報一覧へ戻る

東京都受動喫煙防止条例に対する署名、17.8万筆に


東京都遊協(阿部恭久理事長)は1月24日、都内文京区の東京ドームホテルで定例理事会を開催した。

当日は東京都受動喫煙防止条例に対する署名活動結果を報告。署名活動は昨年12月5日から今年1月19日にかけて行われ、全体では17万8,000筆が集まり、そのうち東京都遊協関係者分は4,000筆(※WEB署名除く)だった。

東京都が2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた環境整備の一環としてまとめた「東京都受動喫煙防止条例(仮称)の基本的な考え方」では、パチンコホールを含む娯楽施設は「原則屋内禁煙(喫煙専用室設置可)」とされている。

https://yugi-nippon.com/pachinko-news/post-17023/

»新着情報一覧へ戻る

受動喫煙対策、厳格化を要望…がん患者団体連合会と関連3医学会


全国がん患者団体連合会と、がん関連3医学会は24日、受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案について、より厳格な内容を求める要望書を合同で加藤厚生労働相あてに提出した。

 非喫煙者がたばこの煙を吸い込む受動喫煙への対策強化を巡り、厚労省は、飲食店内は原則禁煙だが、店舗面積150平方メートル以下は喫煙を認める同法改正案を提出する方針。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180125-OYTET50005/

»新着情報一覧へ戻る

治療の道拡大 補助薬の成功率3~4倍 保険適用、若い人にも


新年が始まり「今年こそは禁煙を」と目標を立てる人もいるだろう。国レベルで受動喫煙の対策強化が議論され、病気の予防や医療費抑制の観点からも、禁煙への関心が高まっている。禁煙治療とその効果、支援策をめぐる最近の動きを紹介する。

https://mainichi.jp/articles/20180124/ddm/016/100/010000c

»新着情報一覧へ戻る

電子たばこ、若者に有害も喫煙成人には有益か 米報告書


【1月24日 AFP】ニコチンを含む液体を加熱して蒸気を吸引する電池式機器の電子たばこは、成人の禁煙の助けになる可能性がある反面、若者の喫煙開始を助長する恐れもあるとする米国の調査報告書が23日、発表された。

 米国の科学・技術・医学の3学会からなる全米アカデミーズ(National Academies of Sciences, Engineering, and Medicine)が発表したこの報告書は、電子たばこの健康への影響に関する査読論文800報以上の調査に基づくものだ。

http://www.afpbb.com/articles/-/3159739

»新着情報一覧へ戻る

電子たばこ、若者に有害も喫煙成人には有益か 米報告書


【1月24日 AFP】ニコチンを含む液体を加熱して蒸気を吸引する電池式機器の電子たばこは、成人の禁煙の助けになる可能性がある反面、若者の喫煙開始を助長する恐れもあるとする米国の調査報告書が23日、発表された。

 米国の科学・技術・医学の3学会からなる全米アカデミーズ(National Academies of Sciences, Engineering, and Medicine)が発表したこの報告書は、電子たばこの健康への影響に関する査読論文800報以上の調査に基づくものだ。

http://www.afpbb.com/articles/-/3159739

»新着情報一覧へ戻る

喫煙者の半数「非喫煙者が守られる環境作るべき」 受動喫煙対策を歓迎 


日本医療政策機構は1月18日、日本の医療に関する世論調査の、2017年版の結果を発表した。全国の20歳以上の男女1000人を対象に、昨年11月に実施した。

オリンピックに向け受動喫煙対策が進んでいるが、受動喫煙を「知らない」「知っているが意味はよく知らない」と答えた人は合わせて2割に上った。20代や30代では、約3割近くが「知らない」または「知っているが意味はよく知らない」と回答しており、周知の必要性が改めて浮き彫りになった。

https://news.nifty.com/article/economy/cc/12117-7816/

»新着情報一覧へ戻る

マツコ、全面禁煙を求める風潮に苦言 「たばこと共になければならない店もある」


マツコ・デラックスさんが1月22日、コメンテーターとして出演した「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、飲食店の全面禁煙を求める昨今の風潮に苦言を呈した。自身も喫煙者だというマツコさんは、「全面禁煙すべき店とたばこも共になければならない店ってあると思う。たばこを吸わない人の気持ちはわかるけれど、"ブランデーを飲みながら葉巻を吸いましょう"みたいな店を禁煙にしちゃったら、文化もクソもなくなるじゃない」
と語った。

http://blogos.com/article/272989/

»新着情報一覧へ戻る

タバコを吸うと「膵臓がん」のリスクがハネ上がる


有名人がある病気で亡くなると、その病気が社会的に大きな関心を集めることがよくある。その病気と闘い抜いた故人のためにも、関心を持つ人はその病気について理解し、予防してリスクを少しでも下げ、早期発見診断・早期治療へつなげるべきだろう。

ちょっと前は肺腺がんに注目が集まっていたが、今はやはり膵臓がんに対する関心が高い。膵臓がんは、発生率が比較的低いわりに死亡率が高いが、その理由は治療しても予後が悪く、生存率が低いからだ。

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20180111-00080345/

»新着情報一覧へ戻る

»ページ移動

 

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」