お知らせ

なぜ「受動喫煙」と「所得」に関係があるのか


受動喫煙について広く知識が共有され、望まないタバコの煙を吸わされることに対する抵抗感が強くなってきた。喫煙やタバコ自体、受動喫煙によって生じる経済損失は巨額だが、個人所得と受動喫煙にはある関係のあることが最新の研究でわかった。

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20180920-00097526/

»新着情報一覧へ戻る

タバコ休憩は不公平?! 吸わない人のモヤモヤ解消法とは?


松田聖子のヒット曲「赤いスイートピー」(歌詞・松本隆、作曲・呉田軽穂)がヒットしたのは1982年。出だしに「煙草の匂いのシャツにそっと寄りそうから~♪」という歌詞がありました。20歳だった私は「煙草の匂い」を大人の象徴のように感じたものです。当時、銀行員だった私は、上司や同僚の吸うタバコの煙の中で仕事をするのが当たり前。彼らのタバコの吸い方、消し方で、ナイーブな人、ガサツな人の特徴を観察していました。

https://otekomachi.yomiuri.co.jp/skill/20180515-OKT8T81455/

»新着情報一覧へ戻る

通勤中の喫煙ダメ 12月から社外も禁煙令


罰則なし 武蔵野市の本社オフィスも同時に全面禁煙

外食大手「すかいらーくグループ」(谷真社長)は12月から、東京都武蔵野市の本社オフィスを全面禁煙にすると同時に、社員に通勤途中の喫煙を禁じる。社屋が禁煙化されても敷地外に出れば「抜け道」になるケースが多いため、効果が注目される。

https://mainichi.jp/articles/20171127/k00/00m/040/043000c

»新着情報一覧へ戻る

必死すぎる! 禁煙の会社でタバコを吸う人がした最悪行動3選


喫煙者にとって、仕事中というストレスが溜まる環境では普段よりもタバコが吸いたくなるものだ。

中には、禁煙の会社にも関わらずに、そんな吸いたいという欲求を我慢できずに、周りに迷惑をかけるような行為をしてくる喫煙社員もいるらしい。

https://sirabee.com/2017/11/14/20161361310/

»新着情報一覧へ戻る

喫煙室でのコミュニケーション次第で決定される“タバコ人事”に、非喫煙者が不満も


喫煙者が多い職場のリアル 「社内では勿論、移動中の営業車でも吸っていた」「会議室がたばこ臭い」

近年、喫煙者に対する風当たりが強くなっている。公共の場では禁煙エリアが増え、レストランなどの飲食店でも完全禁煙化や分煙化が進んでいる。喫煙所を設けていても、非喫煙者にとってたばこの臭いや煙は気になってしまうもの。企業口コミサイト「キャリコネ」では、喫煙者が多い職場の現状や問題点が寄せられている。(参照元 キャリコネ「喫煙者」)

https://news.nifty.com/article/economy/business/12117-8635/

»新着情報一覧へ戻る

社内禁煙、取り組み広がる 喫煙スペース閉鎖、有休付与も


たばこによる健康被害から社員を守るため、オフィスでの終日禁煙や喫煙スペースの閉鎖といった取り組みが企業の間で広がっている。国や自治体が受動喫煙対策を検討する中、社員の喫煙率を下げて健康増進とともに業務効率化を狙う。吸わない人に有休を付与する新たな制度もみられる。

https://www.sankei.com/life/news/171108/lif1711080009-n1.html

»新着情報一覧へ戻る

喫煙者が多い職場のリアル 「社内では勿論、移動中の営業車でも吸っていた」「会議室がたばこ臭い」


近年、喫煙者に対する風当たりが強くなっている。公共の場では禁煙エリアが増え、レストランなどの飲食店でも完全禁煙化や分煙化が進んでいる。喫煙所を設けていても、非喫煙者にとってたばこの臭いや煙は気になってしまうもの。企業口コミサイト「キャリコネ」では、喫煙者が多い職場の現状や問題点が寄せられている。

http://blogos.com/article/301318/

»新着情報一覧へ戻る

県が初の「健康づくりアワード」 積極的に活動の企業や団体表彰


岡山県は5日、健康づくりに積極的な企業や団体を表彰する「おかやま健康づくりアワード」を県医師会館三木記念ホール(岡山市北区駅元町)で開いた。県民の健康寿命の延伸に向けた機運を醸成しようと初開催。今年から9月を「おかやま健康づくり月間」と定め、市町村などに活動を呼び掛ける。

http://www.sanyonews.jp/article/782735/1/?rct=okayama1

»新着情報一覧へ戻る

運動や禁煙、健診などでポイント 高岡市 来月から開始


県西部6市特産品抽選へ

高岡市議会は二十日、九月定例会本会議を再開。市は、市民に健康への意識を高めてもらうため、県西部六市で、運動や禁煙など自ら設定した健康づくりに取り組む「とやま呉西圏域ポイントサービス事業」を十月から開始することについて説明した。中村清志議員(自民同志会)の一般質問に答えた。

http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20180921/CK2018092102000232.html

»新着情報一覧へ戻る

運動や禁煙、健診などでポイント 高岡市 来月から開始


県西部6市特産品抽選へ

高岡市議会は二十日、九月定例会本会議を再開。市は、市民に健康への意識を高めてもらうため、県西部六市で、運動や禁煙など自ら設定した健康づくりに取り組む「とやま呉西圏域ポイントサービス事業」を十月から開始することについて説明した。中村清志議員(自民同志会)の一般質問に答えた。

http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20180921/CK2018092102000232.html

»新着情報一覧へ戻る

»ページ移動

 

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」