お知らせ

知らずに逮捕や罰金も!? 夏の海外旅行「ハワイでのNG行為」4つ


もうすぐ夏がやってきますね。今年の夏休みは「ハワイ旅行!」という人もいるのではないでしょうか。 旅行地として日本人にも大人気のハワイですが、日本と同じ感覚で行動して、知らずに法律やルール違反をおかして罰金や逮捕……なんてことになったらいやですよね。 そこで今回はハワイ在住21年の筆者が、滞在中に注意すべきこと4つをご紹介します!

1:タバコを吸う場所
ハワイではレストランやバー、ショッピングセンター、プール、学校、医療施設、会社、バス停、遊戯場など、ありとあらゆる公共施設における喫煙が州法で完全に禁止されています。

http://news.ameba.jp/20170626-918/

»新着情報一覧へ戻る

ヘビースモーカーほど簡単にやめられる!?最強の禁煙法「禁煙セラピー®」が漫画化!


20年来のベストセラー『禁煙セラピー®』が漫画に!

2019年のラグビーワールドカップ国内開催、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を控え、近年、喫煙者への風当たりがますます強くなっています。

タバコの値上がりに加え、「よく利用していた飲食店が禁煙になった」「駅前の喫煙所が移転した」など、肩身が狭くなったと実感している方も多いのではないでしょうか?

http://hon-hikidashi.jp/live/25256/

»新着情報一覧へ戻る

「禁煙推進はナチスと同じ」「都民ファーストはファシズム路線」 愛煙家の中村うさぎ、菅野完らが喫煙規制に反対


WHO(世界保健機関)が「世界禁煙デー」に定めていた5月31日、喫煙者解放総決起集会「全部、吸っちゃうね。」が高円寺パンディットで開催された。

登壇したのは、作家の中村うさぎさん(59)、『日本会議の研究』で知られる菅野完さん(42)、「やや日刊カルト新聞」総裁の藤倉善郎さん(42)。もちろん3人とも愛煙家だ。行き過ぎた喫煙規制に対し、「国家がライフスタイルに口出しするのはおかしい」と反対の声を上げた。

http://blogos.com/article/226464/

»新着情報一覧へ戻る

たばこの規制強化を望んで


「百害あって一利なし」

たばこに対してよく使われる言葉です。実際に喫煙者は非喫煙者と比べてがんで死亡するリスクが男性で2倍、女性で1.6倍となっています。また、副流煙によってたばこを吸っていない人にも悪影響を及ぼすことが報告されています。たばこによる健康被害を受けて、世界中でたばこを規制する動きが強まっています。

http://allatanys.jp/blogs/4453/

»新着情報一覧へ戻る

たばこの臭いを不快に感じる人のうち、たばこの臭いで接客者への好感度が下がった人は約6割


24 時間電話健康相談、名医紹介サービス、メンタルカウンセリング等の健康支援サービスを提供するティーペック株式会社(住所:東京都台東区、代表取締役社長:砂原 健市)は、企業の健康経営における禁煙の必要性とがん予防を考えることを啓発するべく、全国の20 歳以上の一般生活者の男女1500 名に「喫煙に関する意識調査」を2017 年3 月に実施いたしました

https://jinjibu.jp/news/detl/13012/

»新着情報一覧へ戻る

タバコをやめて欲しい家族がいる


先日、仕事の打ち合わせをしていたら、先方の60代前半とおぼしき男性が「自分はタバコは吸わないし、受動喫煙など吸いたくない人にタバコの煙を吸わせることが悪いのは大前提だが」とまず言ってから「人さまに迷惑をかけないのなら、自己責任でタバコくらい吸わせてやろうよ」と語り始めた。彼は「タバコを規制して喫煙者を追い詰めたら、何か別のこと、たとえば覚醒剤とかギャンブルに移行するだけじゃないか」と主張する。

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20170602-00071632/

»新着情報一覧へ戻る

受動喫煙 全面禁煙で公害化を止めよ イチロー・カワチ


受動喫煙対策を強化する法改正を巡り、自民党が5月20日、「未成年が立ち入らなければ、飲食店は『喫煙』『分煙』などの表示つきで喫煙を認める」という案を提案した。

http://www.asahi.com/articles/ASK6224VVK62UBQU002.html

»新着情報一覧へ戻る

金正恩氏が禁煙をアピールする理由


北朝鮮の金正恩党委員長はヘビースモーカーとして知られている。何度か禁煙にチャレンジしたとの情報もあるが、北朝鮮国営メディアの写真を見る限り、禁煙は成功していないようだ。

トイレにストレス
正恩氏が、所構わずタバコを吸っている写真は、北朝鮮国営メディアが何度も配信している。

https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20170605-00071708/

»新着情報一覧へ戻る

家庭や職場で「受動喫煙」考えて 県禁煙問題協の西井会長に聞く


2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた受動喫煙防止の強化策として、厚生労働省と自民党側が協議を続けている健康増進法改正案。県禁煙問題協議会会長の西井研治医師(62)に、受動喫煙のリスクや対策などについて聞いた。

http://www.sanyonews.jp/article/541863

»新着情報一覧へ戻る

受動喫煙防止法の議論空転、たばこ会社は「加熱式」の扱い注視


「国会への法案提出に向けて、ぎりぎりまで議論を重ねていきたい」。塩崎恭久厚生労働大臣はそう意気込むが、議論は空転するばかりだ。

 受動喫煙防止法案の今国会での成立が厳しい情勢だ。本稿執筆の6月1日時点で、通常会期の18日まで既に3週間を切っているが、「原則屋内禁煙」を主張する厚生労働省と、例外措置を求める自民党の間で溝が埋まらず、議論は平行線をたどる。

http://ascii.jp/elem/000/001/494/1494337/

»新着情報一覧へ戻る

»ページ移動

 

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」