お知らせ

<タバコ非合法化を>生産農家には莫大な税金とJTの内部留保金で補償?


いっそのこと、タバコを禁止薬物に指定して欲しいと、40年来の喫煙者である筆者は思う。

飲食店内は原則禁煙なのか、「受動喫煙」への対策を盛り込んだ「健康増進法改正案」に色々な声が上がっている。このことについてある視点から意見を述べたい。

筆者は施策としての喫煙規制にこれまで、すべて反対せずに従ってきた。タバコを吸えないと自分の暮らしが立ち行かなくなるからだ。

タバコはあらゆる面から有害だ。これに異論をさしはさむつもりはない。ただし、筆者の個人的な理由としてはストレス軽減効果があると信じている。

http://blogos.com/article/210911/

»新着情報一覧へ戻る

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」