お知らせ

タバコ販売量減少 「パッケージの警告表示の効果」


タバコの販売量が去年11月から3か月連続で減少していることがわかりました。
去年12月から導入されたタバコのパッケージの警告表示制度の効果という見方が出ています。
企画財政部が13日、発表したところによりますと、先月のタバコ販売量は、前の年の同じ月に比べて14%減少して2億4000万箱だったということです。
タバコの販売量は、去年11月に3億1000万箱だったものが、12月に2億9000万箱、ことし1月に2億8000万箱、2月に2億4000万箱と、3か月連続で減少しています。
これについて政府は、タバコ価格の引き上げ、禁煙治療の支援、禁煙キャンペーンなど、喫煙率低下に向けて進めてきた政策が功を奏したとしていて、なかでも、去年12月からタバコのパッケージの警告表示制度を導入したことが、販売量の減少につながったとみています。

http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?No=62868

»新着情報一覧へ戻る

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」