お知らせ

「居酒屋も禁煙にすべき」が6-7割 いま考えるべき「たばこ」問題


2020年、いよいよ2年後に迫ってきた東京五輪・パラリンピック。世界中からさまざまな考え方を持った人々が集まる世界的一大イベント開催に向け、厚生労働省は、他人がたばこを吸った時に発生する煙を吸わされる受動喫煙に対する対策の強化に乗り出している。

「保険クリニック」が喫煙者と非喫煙者を対象に行ったアンケート調査によると、「飲食店・居酒屋などで分煙が必要か」という問に対し非喫煙者の内76.7%が必要と答え、喫煙者の中でも64.3%の人が必要と回答している。

たばこの喫煙に関しては、喫煙席や喫煙室など喫煙場所の問題や歩きたばこやポイ捨てなど喫煙マナーの問題、受動喫煙の問題など喫煙者と非喫煙者の間には従来からさまざまな問題が存在する。

https://zuuonline.com/archives/142634

»新着情報一覧へ戻る

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」