お知らせ

受動喫煙規制 命と健康を守るためには


他人のたばこの煙にさらされる受動喫煙の防止は、2020年東京五輪・パラリンピックの開催前に実現すべき喫緊の課題だ。

 厚生労働省が法整備の素案を示した。「例外」が多く、どこまで実効性が期待できるのか。疑念を抱かざるを得ない内容だ。

 厚労省案によると、学校や病院は敷地内禁煙、大学や官公庁、体育施設などは屋内禁煙で、いずれも喫煙室の設置は認めない。ただし、既存の喫煙室は5年間存続を例外的に認める。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syasetu/article/314193

»新着情報一覧へ戻る

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」