お知らせ

国会議員も紛糾!厚労省「原則禁煙法案」のハレーション


「原則屋内禁煙」厚労省案をめぐる与野党の動き
大阪・豊中市の某小学校への国有地売却問題一色になったかのような春の国会。しかし、他にもある法案についての綱引きが行われている。厚生労働省が原案をまとめた「健康増進法改正案」をめぐる与野党の動きが、それだ。

3月1日に厚労省が公表した原案は、受動喫煙防止対策を盛り込んだもので、基本的に屋内禁煙を定めたもの。飲食店を原則屋内禁煙(喫煙専用室は設置可)とし、酒類を提供するバーやスナック(延べ床面積30平方メートル以下)などは、例外的に換気設備の設置などを条件に喫煙を認めるというものだ。しかし、与野党ともにまとまっていないなかの厚労省案公表は、大きなハレーションを起こしている。

http://blogos.com/article/215549/

»新着情報一覧へ戻る

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」