お知らせ

たばこの禁煙規制、火災や失踪リスクも? 高齢者施設の協議会の意見が切実すぎる


受動喫煙対策として、厚生労働省が飲食店や病院などでの禁煙規制を示した法案の原案を公表し、禁煙に向けた法整備や議論が盛んになっている。そんな中、とある団体の規制に対する意見が切実すぎると、Twitter上で話題になっている。

話題となっているのは、高齢者、障害者施設の支援などをする全国社会福祉協議会の意見。産経新聞が、2月15日で開かれた厚労省案を議論する自民党の厚労部会での発言として、協議会側が「高齢者施設などで一律に建物内禁煙とすると、失踪や火災などのリスクが高まる」と話したと報じた。

http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/03/smoking-ban_n_15126324.html

»新着情報一覧へ戻る

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」