お知らせ

「随分苦しい思いをしました。随分辛い思いもしました」桂歌丸さんが伝えたかった病気のこと


歌丸さんはこれまで、たばこを主な原因とし、呼吸が困難になる自身の病気について、さまざまな啓発活動をおこなっていた。

お茶の間に愛された「ミスター笑点」は、何を伝えたかったのか。COPDとは、どんな病気なのか。歌丸さんの啓発活動を振り返りながら、紹介する。

「ヘビースモーカー」の後悔
歌丸さんは2010年に、厚生労働省の「慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会」の委員を務めている。その議事録には、啓発活動の動機となったであろう、歌丸さんの思いが記されていた。

https://www.buzzfeed.com/jp/seiichirokuchiki/utamaru-san-no-omoi?utm_term=.nh7JRXeZM#.omzY3LbE0

»新着情報一覧へ戻る

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」