お知らせ

三重)桑名市の駅周辺の路上、禁煙へ 来春から


桑名市で2019年4月から、指定された区域内での路上喫煙が禁止されることになった。違反者には罰金が科せられる。罰金付きで路上喫煙が禁止されるのは、県内では四日市市に次いで2例目となる。

https://www.asahi.com/articles/ASL964K80L96ONFB005.html

»新着情報一覧へ戻る

たばこ増税"禁煙する"は12%


10月のたばこ増税・値上げで「禁煙する」わずか1割「やめたくない人はいくらになってもやめられない」

https://news.nifty.com/article/economy/business/12117-9472/

»新着情報一覧へ戻る

「禁煙してても吸いたいよ~吸いたいよ~♪」でお馴染み 「吸いたくなるマン」が10年ぶりに復活!音楽も現代風に!ニコレット新CM放送開始


2001年に初めて日本のCMに登場した吸いたくなるマンは、今もSNSなどでその印象や思い出を投稿する方がおられるほど、強烈なインパクトを残しています。また今回は近年の状況を踏まえた新キャラクターとして加熱式タバコをモチーフとした「新吸いたくなるマンも登場、「完全禁煙を目指すなら」をキャッチコピーとし、ニコレットの認知拡大を図ります。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000037611.html

»新着情報一覧へ戻る

約半数の喫煙者が「禁煙の予定なし」 絶対にやめない理由は……?


受動喫煙による健康被害の防止に向け、完全禁煙化に踏み切る飲食店が増えるなど、喫煙者への風当たりが強まっている昨今。いまもたばこを吸っている人はどの程度存在するのだろうか。

小売事業者向けのマーケティング支援を手掛けるプラネットが約3900人に喫煙習慣の有無を聞いたところ、「喫煙している」は20.7%。「吸っていない」は51.1%、「喫煙者だったが、今はやめた」(28.2%)――となり、非喫煙者が計約80%を占めた。

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1808/13/news057.html

»新着情報一覧へ戻る

いつ止めても遅くない「禁煙成功」の極意とは


喫煙者の4割は「タバコを止めたい」と思っている。タバコに含まれるニコチンは強い依存性があり、身体的にも心理的にも喫煙習慣を止められなくなる。タバコという製品自体、そう作られているわけだが、いったいどうやったら禁煙できるのだろうか。※:記事の最後に禁煙支援機関などのwebリンク・リストがあります。

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20180704-00088129/

»新着情報一覧へ戻る

円楽 初期の肺がんを公表 医師見解は「取ってしまえば問題ない」


落語家の三遊亭円楽(68)が28日、初期の肺がんであることを公表した。

 日本人のがんの死亡率で1位の肺がんは、早期発見できれば根治の可能性が高い。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/29/kiji/20180929s00041000048000c.html

»新着情報一覧へ戻る

全席喫煙可の「珈琲館 禁煙室」 金沢トキメキの癒やし空間


地方の純喫茶を訪れる際には、ある程度は下調べをしてからお邪魔します。「ええっと金沢駅から20分ちょっとかかるみたい」。タクシーで浅野川の近くの「橋場」交差点で降りました。入り口周りがレンガ積みのビルがありました。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/237660

»新着情報一覧へ戻る

豊島区内公園を全面禁煙 来月1日から順次


豊島区は27日、区内に165カ所ある区立の公園などを10月1日から順次全面禁煙にすると発表した。子供らを受動喫煙から守るための措置だという。

http://www.sankei.com/region/news/180928/rgn1809280029-n1.html

»新着情報一覧へ戻る

「全席禁煙化」にかじを切った串カツ田中のその後について話を聞いてきた


居酒屋さんの「串カツ田中」が、2018年6月1日からほぼ全店の禁煙化をスタートさせた。禁煙化して最初の1カ月に関するプレスリリースが7月の初頭に発表され、その意外な結果に世間が驚いたことは記憶に新しい。

https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/noriki-washiya/18-00297

»新着情報一覧へ戻る

50歳を過ぎてイヤイヤ禁煙する必要などない


今の時代、公共施設はもとより、オフィスやレストラン、カフェなど、どこでも「分煙」。中には、完全禁煙というお店もある。家でも、居間で、食卓で堂々と喫煙できる人は少ないはず。だから、愛煙家は、肩身の狭い思いをしながら、ベランダでタバコを吸うような状況である。

https://toyokeizai.net/articles/-/226762

»新着情報一覧へ戻る

»ページ移動

 

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」