お知らせ

受動喫煙防止で都条例案 知事公表 飲食店は原則禁煙


東京都の小池百合子知事は八日の定例記者会見で、飲食店などを原則屋内禁煙とする罰則付きの都受動喫煙防止条例の素案を公表した。二〇一九年九月までの施行を目指す。厚生労働省の検討案と同じく、面積が小さいバーやスナックなどを例外とした上で、従業員がいないことなども要件に入れ、厚労省案よりも厳しくする。
 小池知事は、五輪・パラリンピックの開催都市は対策を講じてきたとして「受動喫煙は健康に悪影響を与えると科学的にも明らか」と指摘。東京大会に向けて制定すると説明した。飲食業界の反発も予想される。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201709/CK2017090902000143.html

»新着情報一覧へ戻る

屋内原則禁煙、都が条例制定へ 受動喫煙防止で国に先行


他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙を防ぐため、東京都は8日、公共施設や飲食店などを原則屋内禁煙とする罰則付きの条例を定める方針を発表した。今年度中に都議会に条例案を提出し、ラグビーワールドカップ(W杯)開催前の2019年夏までの施行を目指す。

https://www.asahi.com/articles/ASK985QV6K98UTIL03D.html

»新着情報一覧へ戻る

都が「受動喫煙」防止条例の基本方針発表 屋内は居酒屋含め全面的に禁煙 開始は2019年秋までに


「東京都受動喫煙防止条例(仮称)」について、9月8日に小池百合子都知事が基本的な方針を発表しました。施行開始は2019年9月~11月に開催されるラグビーワールドカップ前までを予定。屋内は全面的に喫煙を禁止し、施設や利用者に応じて規制対象を3つに分類する考えを明らかにしました。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1709/08/news122.html

»新着情報一覧へ戻る

東京都が「屋内原則禁煙」条例を制定へ 加熱式たばこも禁止 小池百合子知事「子供への視点で受動喫煙防止に効果」


2020年東京五輪・パラリンピックに向けて東京都は8日、公共施設や飲食店などの建物の中を原則禁煙とする罰則付きの受動喫煙防止条例を制定する方針を固め、基本的な考えを発表した。都は同日、都民の意見を反映させるパブリックコメントを開始。今年度内に都議会に提案し、19年に日本で開催されるラグビーワールドカップまでの施行を目指す。

http://www.sankei.com/politics/news/170908/plt1709080043-n1.html

»新着情報一覧へ戻る

子供いる室内など禁煙へ 都議会で条例可決


5日に行われた東京都議会で、子どもを受動喫煙から守るための条例が可決・成立した。条例では、保護者に対し、子どもがいる部屋や車の中での禁煙や、子どもを分煙が不十分な飲食店などに立ち入らせないことを求めている。

http://www.news24.jp/articles/2017/10/05/07374332.html

»新着情報一覧へ戻る

子どもいる自宅禁煙「都民の責務」 都議会が条例可決


東京都議会は5日、子どもの受動喫煙を防ぐために、自宅やマイカー内に子どもがいる場合、禁煙を努力義務とする議員提案の条例案を賛成多数で可決した。来年4月1日に施行される。厚生労働省によると、私的な空間で子どもの受動喫煙防止をはかる都道府県条例は例がないという。

https://www.asahi.com/articles/ASKB553FHKB5UTIL02F.html

»新着情報一覧へ戻る

必死すぎる! 禁煙の会社でタバコを吸う人がした最悪行動3選


喫煙者にとって、仕事中というストレスが溜まる環境では普段よりもタバコが吸いたくなるものだ。

中には、禁煙の会社にも関わらずに、そんな吸いたいという欲求を我慢できずに、周りに迷惑をかけるような行為をしてくる喫煙社員もいるらしい。

https://sirabee.com/2017/11/14/20161361310/

»新着情報一覧へ戻る

飲食店、なぜ禁煙にすると売上増える?なぜ「お通し」やめると売上増?


今回は、飲食業のコンサルティングをしていて最近よく聞かれる質問のなかから、ひとつご紹介したいと思います。それは、
「お店は禁煙にしたほうがいいでしょうか?」
というものです。

http://biz-journal.jp/2017/09/post_20579.html

»新着情報一覧へ戻る

私が見た東芝・西田元会長 原発について語った忘れられない一言~禁煙の会議室でも悠然とタバコを燻らせていた姿を思い出す。~ - 大西 康之


東芝の西田厚聰(にしだ あつとし)元会長が12月8日、急性心筋梗塞で亡くなった。自らが社長、会長を務めた東芝から、粉飾決算の損害賠償を求められた裁判の渦中、73歳での早すぎる死だ。東芝は、西田が社長時代に買収を決断した米原発メーカー、ウエスチングハウス(WH)の巨額損失で瀕死の状態にある。

http://blogos.com/article/264851/

»新着情報一覧へ戻る

サイバーエージェント藤田社長!! 食べログとRettyの対抗馬をいまリリースすればマーケット獲れますよ!!


本日は、新しいビジネスモデルのご提案です。
とりあえずサイバーの藤田さん宛にしますが、よかったらDeNAでもグリーでも、ちょっといやだけど楽天でもなんならYahoo!さんでもご検討ください。

http://blogos.com/article/265742/

»新着情報一覧へ戻る

»ページ移動

 

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」