お知らせ

禁煙を成功させるには?|禁煙が続かない理由と対処法


「禁煙を始めても挫折してしまう」という人は少なくないでしょう。東京衛生病院健康増進部の佐々木温子先生は、喫煙によるニコチン依存を治すには、我慢や無理を強いる方法は避け、成功率を高める方法をもって対処することが重要といいます。今回は、禁煙が難しい理由、禁煙成功率が高い方法や離脱症状への対処法、禁煙のメリットについて解説します。

https://news.nicovideo.jp/watch/nw3490171

»新着情報一覧へ戻る

田舎に行くほど残る喫煙環境 禁煙はなぜ失敗するのか?


全国的に進む受動喫煙対策。「加害者」にならずに済む方法は禁煙だが、これが難しいという方も。なぜ禁煙に失敗するのか、高橋胃腸科外科医院(山形県米沢市)の院長で、やまがた受動喫煙防止宣言実行委員長を務める高橋秀昭さん(73)に聞いた。

https://www.asahi.com/articles/ASL8M35D5L8MUBQU00G.html

»新着情報一覧へ戻る

「喫煙者は採用致しておりません」喫煙者お断り企業は「差別」?


「においが苦手で、正直言うと分煙になっていくのはうれしい」。

 世界禁煙デーだった5月31日、たばこの自動販売機が撤去された厚労省で、「受動喫煙対策推進キャラクター」の岡田結実さんが喫煙の危険性を訴えた。

https://www.huffingtonpost.jp/abematimes/smoking-japan_a_23449497/

»新着情報一覧へ戻る

「禁煙の利益」は「太る心配」を大きく凌駕する


タバコを止めると太るんじゃないかと心配する喫煙者は多い。特に女性や若い男性にその傾向があるが、禁煙で得られる健康と死亡リスクの低減は、タバコを止めて太ったとしても比較にならないほど大きな利益ということが改めてわかった。

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20180817-00093461/

»新着情報一覧へ戻る

「禁煙」なぜ挫折するのか~「再喫煙」を考える


受動喫煙防止対策が進み、タバコを吸える場所もずいぶん少なくなってきた。前々から止めようと思っていたタバコだ、この機会に禁煙しようと考える喫煙者も多いだろう。禁煙は簡単だが、中には再びタバコに手を伸ばしてしまう人もいる。

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20180717-00089656/

»新着情報一覧へ戻る

コメダ珈琲、新規店舗は原則全面禁煙 「吸う人減った」


コーヒーチェーンのコメダ珈琲(コーヒー)店は、新たに開く店舗については原則、「全面禁煙」とする方針だ。新規出店するフランチャイズ(FC)経営者に禁煙を要望しており、国会で議論されている受動喫煙防止対策を先取りするねらいだ。

https://www.asahi.com/articles/ASL6G3HRVL6GOIPE00P.html

»新着情報一覧へ戻る

受動喫煙対策法が成立 施設の屋内は原則禁煙


受動喫煙対策を強化する改正健康増進法は18日、参院本会議で与党などの賛成多数で可決・成立した。事務所や飲食店など多くの人が集まる施設は原則として屋内禁煙とし、違反者には罰則を適用する。ただ飲食店のうち個人や中小企業が経営する客席面積が100平方メートル以下の既存店には例外を認め「喫煙可能」などと標識で示せば喫煙を認める。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33092050Y8A710C1MM0000/

»新着情報一覧へ戻る

飲食店完全禁煙のニューヨーク、ついに歩きタバコもNGに? 残るは「外で立って吸う」


アメリカで最もスモークフリー(無煙環境)がすすむニューヨークで、屋外での歩きタバコを禁じる条例案が3月22日、市議会に提案された。ニューヨークではすでに、飲食店から公共施設まで、多くの人が集まる室内は完全禁煙が当たり前。一般市民の集まる公園や海岸など、公共性の高い屋外も禁煙だ。条例案が可決されれば、タバコを吸う場所がさらに狭まる。

https://www.huffingtonpost.jp/2018/03/26/smokefreeny_a_23395089/

»新着情報一覧へ戻る

60年以上前に「一人で禁煙運動」を始めた男


明日5月31日は世界禁煙デーだが、周囲の男性の8割が喫煙者という時代に、たった一人で禁煙運動に立ち上がった人物がいた。長野県伊那市で製糸工場を経営していたその人物は、それまで1日40~50本吸うほどのヘビースモーカーだった。

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20180530-00085830/

»新着情報一覧へ戻る

中国の「昭和な」たばこ事情、社会の潤滑油vs禁煙令がせめぎ合う


昨年3月から上海では室内の公共場所やレストランで全面禁煙

「喫煙は健康を害する」、「受動喫煙は喫煙者本人以上に健康に悪影響を及ぼす」などはもはや周知の事実で、世界的な常識である。東京都も受動喫煙防止条例が可決され、2020年東京オリンピックでは、「煙のない東京」を目指している。たばこを吸う人の肩身は狭くなる一方だ。

https://diamond.jp/articles/-/175538

»新着情報一覧へ戻る

»ページ移動

 

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」