お知らせ

「アイコス」は「ニコチン依存症製造器」に改造されていた


加熱式タバコについては、依然としてその健康への悪影響がはっきりとわからない。最近のシステマティック・レビュー(Systematic Review)論文によれば、少なくとも2/3の研究がタバコ会社自身やタバコ会社からの資金提供によるものであり、アイコス(IQOS)は利用者がニコチン依存症になりやすいよう改造されていたことがわかった。

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20180918-00097358/

»新着情報一覧へ戻る

受動喫煙ゼロ、そろり前進 広がる全席禁煙店


他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が18日、成立した。多くの人が使う施設を原則禁煙とし、罰則付きで義務づけるかつてない規制だ。全面施行は2020年4月。飲食店では半数以上が例外扱いなど骨抜きが目立つが、「受動喫煙ゼロ」に向け、社会は少しずつ動き出している。

https://www.asahi.com/articles/ASL6X73V0L6XULBJ01B.html

»新着情報一覧へ戻る

“全面禁煙”に値上げリレーを日本に先んじて導入した韓国「タバコ事情」はどうなっているのか


日本の喫煙者率が3年連続で過去最低を更新したという。

日本たばこ産業(JT)が7月30日に発表した調査結果によると、2018年5月時点の全国喫煙者率は17.9%。前年から0.3ポイント低く、過去最低を更新したそうだ。

つい先日も全庁舎禁煙を掲げる神戸市役所に喫煙部屋があったことがわかり、撤去されるとのことだが、喫煙者への風当たりは年々強くなっているとされている。

https://news.yahoo.co.jp/byline/shinmukoeng/20180802-00091450/

»新着情報一覧へ戻る

全席禁煙化、効果はいかに? 「串カツ田中」社長に聞く


串カツ田中ホールディングスが6月に大半の店舗で全席禁煙に踏み切りました。国や自治体の受動喫煙対策が進む中、居酒屋チェーンでは珍しい取り組みです。先んじて禁煙にした理由や客足への影響を貫啓二社長(47)に聞きました。

https://www.asahi.com/articles/ASL8164V7L81ULFA049.html

»新着情報一覧へ戻る

受動喫煙対策法が成立 施設の屋内は原則禁煙


受動喫煙対策を強化する改正健康増進法は18日、参院本会議で与党などの賛成多数で可決・成立した。事務所や飲食店など多くの人が集まる施設は原則として屋内禁煙とし、違反者には罰則を適用する。ただ飲食店のうち個人や中小企業が経営する客席面積が100平方メートル以下の既存店には例外を認め「喫煙可能」などと標識で示せば喫煙を認める。

 東京五輪・パラリンピック開催前の2020年4月に全面施行する。学校や病院、児童福祉施設、行政機関などは敷地内を禁煙とする。屋外に喫煙場所を設けることはできる。喫煙できる場所には20歳未満の客・従業員は立ち入れない。屋外や家庭は周囲の状況に配慮すれば喫煙できる。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33092050Y8A710C1MM0000/

»新着情報一覧へ戻る

受動喫煙ゼロ、そろり前進 広がる全席禁煙店


他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が18日、成立した。多くの人が使う施設を原則禁煙とし、罰則付きで義務づけるかつてない規制だ。全面施行は2020年4月。飲食店では半数以上が例外扱いなど骨抜きが目立つが、「受動喫煙ゼロ」に向け、社会は少しずつ動き出している。


https://www.asahi.com/articles/ASL6X73V0L6XULBJ01B.html

»新着情報一覧へ戻る

串カツ田中 禁煙で売り上げ減も影響は「一時的」!?


東京都受動喫煙防止条例が6月に成立し、飲食店での禁煙は強化される。居酒屋チェーンでも、条例が2020年に全面施行されるのを見据えた動きがある。

 ワタミや養老乃瀧など、大手チェーンが試験的に禁煙を導入。そんななか注目されるのが、6月からほぼ全店で全面禁煙とした串カツ田中だ。

https://dot.asahi.com/wa/2018080100010.html

»新着情報一覧へ戻る

歌丸さん苦しめたCOPD 原因9割たばこ、予防は禁煙


2日に81歳で死去した落語家、桂歌丸さんが患っていた慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)。たばこの煙などの有害物質が原因で肺が炎症を起こし、呼吸がしにくくなる病気だ。COPDは息苦しいなどのつらい症状で生活の質(QOL)を低下させるだけでなく、虚血性心疾患や肺がんのリスクを高める。“たばこ病”とも呼ばれ、患者の約9割は喫煙者か元喫煙者で、予防はたばこを吸わないことに尽きるとされる。(平沢裕子)

https://www.sankei.com/life/news/180713/lif1807130006-n1.html

»新着情報一覧へ戻る

禁煙スパッと先取り 都立の全動物園・水族館、公園、飲食店など


東京都内の動物園や公園、飲食チェーン店などで禁煙化の取り組みが広がりつつある。受動喫煙を防ぐための健康増進法改正案が近く国会で可決される見通しで、国より規制が厳しい都条例も成立した。条例はまだ施行されていないが、こうした流れを強めたり、先取りしたりする動きが出ている。 (榊原智康、清水祐樹、栗原淳)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201807/CK2018071402000248.html

»新着情報一覧へ戻る

「随分苦しい思いをしました。随分辛い思いもしました」桂歌丸さんが伝えたかった病気のこと


歌丸さんはこれまで、たばこを主な原因とし、呼吸が困難になる自身の病気について、さまざまな啓発活動をおこなっていた。

お茶の間に愛された「ミスター笑点」は、何を伝えたかったのか。COPDとは、どんな病気なのか。歌丸さんの啓発活動を振り返りながら、紹介する。

「ヘビースモーカー」の後悔
歌丸さんは2010年に、厚生労働省の「慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会」の委員を務めている。その議事録には、啓発活動の動機となったであろう、歌丸さんの思いが記されていた。

https://www.buzzfeed.com/jp/seiichirokuchiki/utamaru-san-no-omoi?utm_term=.nh7JRXeZM#.omzY3LbE0

»新着情報一覧へ戻る

»ページ移動

 

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」