お知らせ

都の子ども受動喫煙防止条例 酒やスナック菓子に広がる懸念


10月5日、衆院総選挙の公示を間近に控え、日本中が「小池劇場」に目を奪われていた最中、都議会では「子どもを受動喫煙から守る条例」が可決、成立した。十分な議論が尽くされたとはとてもいい難いが、家庭など私的な空間にまで踏み込む規制は、今後どんな影響を生むのか。ジャーナリストの入江一氏が解説する。

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1115/sgk_171115_7627519243.html

»新着情報一覧へ戻る

受動喫煙規制、150平方メートル以下は喫煙可に 元都民ファ・おときた氏「理解に苦しむ大幅な後退」


受動喫煙対策が大きく後退することになりそうだ。厚生労働省は、これまで検討してきた規制案を大幅に緩和し、店舗面積が150平方メートル以下の飲食店は喫煙可とする新しい案を検討しているという。毎日新聞などが報じた。

この報道を受け、都民ファーストの会を離党した東京都議会議員のおときた駿氏は11月16日、

「理解に苦しむ大幅な後退。これでは骨抜きどころか原型すら留めていないのではないか。こうなると、ますます東京都独自の受動喫煙防止対策が重要になってきます」とツイートした。

https://news.biglobe.ne.jp/trend/1116/ccn_171116_2050015395.html

»新着情報一覧へ戻る

「なぜ最近の若者はタバコを吸わない!カッコいいだろ!」という時代錯誤の主張 「狭い喫煙室」で懸命に吸う姿は別にカッコよくない


僕は三十路だが、これまでタバコを一切吸ったことがない。別にタバコが嫌いなわけではない。純粋に吸う機会がなかったことと、お小遣いがそんなに多くないので、タバコを買うよりもお酒に目が行ってしまうだけの話だ。多分、これからも吸うことはないと思う。

先日、2ちゃんねるに「なぜ最近の若者は喫煙する姿をカッコいいと思わなくなったのか?」というスレッドが登場した。このスレッドを立てた人物は「臭いや健康被害は別にして、タバコを吸っている姿がカッコいいのは事実だろ」と書き込んでいる。(文:松本ミゾレ)

https://news.biglobe.ne.jp/trend/1119/ccn_171119_9327270255.html

»新着情報一覧へ戻る

受動喫煙防止条例の議論慎重に 飲食業界団体などが署名つのる


東京都が進める罰則付き受動喫煙防止条例の制定に対して、2017年11月20日、東京都飲食業生活衛生同業組合(以下、組合)や日本たばこ協会などが新宿駅前の喫煙所付近で署名活動を行い、規制に関しては慎重な議論が必要であると道行く人に訴えた。

署名活動が行われるのは2回目。組合の宇都野知之事務局長(常務理事)は、飲食店側からは様々な反応があり、公共の場にある喫煙所の数が少ない状態で飲食店内でも一律禁煙としてしまうと、かえって望まない受動喫煙が起こり得ると危惧していると話した。

https://news.biglobe.ne.jp/trend/1122/jtn_171122_3102503870.html

»新着情報一覧へ戻る

加熱式たばこ 吸殻処理やマナー問題をメーカーに聞いてみた


たばこの葉を直接燃やさずに吸えるため煙やニオイが少なく、喫煙時に発生する有害性物質のおよそ90%削減が謳われていることからも一気に普及が進む「加熱式たばこ」。だが、従来からある紙巻きたばことの“違い”が鮮明になるにつれ、喫煙環境をめぐる戸惑いやマナーに対する疑問も広がっている。

10月下旬、とあるイタリア料理店の店主が投稿したツイートが大きな反響を呼んだ。

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1126/sgk_171126_1623513817.html

»新着情報一覧へ戻る

禁煙できない人は「精神状態に問題を抱える貧困層」に多い ー英研究


昔からタバコは「嗜好品」というイメージでしたが、健康志向の高まった現代社会では、喫煙者の多くはむしろ貧困層や社会的弱者だという事実に驚く方も多いかもしれません。拡がり続ける社会的・健康的格差に歯止めをかけようとする動きがある一方で、その行く手を阻むものは何なのでしょうか。イギリスの事例をみていきましょう。

http://www.mag2.com/p/news/178046

»新着情報一覧へ戻る

48歳、お腹の脂肪が減った?噂のサプリ980円 PR 関連ニュースはこちら 受動喫煙防止対策 宿泊施設63.5%未実施 うち6割、今後も予定なし 県調査、客7割「禁煙希望」 /青森


「禁煙」希望なのに、宿泊施設が要望に応えていない−−。他人のたばこの煙を吸う「受動喫煙」の防止対策の実施状況をホテルなどの宿泊施設に聞いた県の調査で、こんな実態が明らかになった。回答した県内の施設のうち、対策を実施するのは34・3%。一方、未実施は63・5%に上るが、そのうち6割強は今後も対策の実施予定がないと回答した。だが利用客の7割は「禁煙室が重要」と答えており、利用者側と施設側の意識の差が浮き彫りになった。【宮城裕也】

http://mainichi.jp/articles/20160418/ddl/k02/040/049000c

»新着情報一覧へ戻る

【喫煙者注目】電子タバコの影でひそかに販売されている「かぎたばこ」を試してみた


禁煙の機運が高まるなかで、最近は電子タバコがジワジワと広まりつつある。煙や匂いが少なく、芸能人の間でも電子タバコを愛飲する人は増えているようだ。

とはいえ、通常のタバコを吸っているのと見た目が変わらない。また器具が高く、モノによってはスターターキットで1万円を超えるものもザラにある。そこで私(佐藤)が注目したのは、かぎたばこだ。これは煙が出ないうえに、パッと見てもニコチンを摂取していることがわからない。一体どんな感じなのか試してみた。

https://rocketnews24.com/2016/04/14/737134/

»新着情報一覧へ戻る

電子たばこの禁煙効果、専門家の意見が衝突


米国ではこの10年で喫煙の人気は急激に下がってきたが、健康に悪いことに変わりはない。

 米疾病管理予防センター(CDC)によると、米国で喫煙による死者数は毎年48万人以上。およそ5人に1人の死因が喫煙と関係している。これに加え、喫煙に関連する病気にかかっている人の数は1600万人になるという。米国人にたばこをやめさせるため、さらなる行動が必要なのはあきらかだ。

http://jp.wsj.com/articles/SB11640581799754933369104582001470809795622

»新着情報一覧へ戻る

鉄分不足の女性に嬉しいスーパーフルーツ「サジー」 PR 関連ニュースはこちら ご近所のお医者さん /340 タバコ今昔=細田庸夫さん /鳥取


昔々は、お客さんが来ると、タバコ盆を出すのが礼儀でした。刻みタバコを煙管(キセル)で吸うのが普通だった当時。火の付いた刻みタバコをいったん手のひらに乗せ、新しいタバコを煙管の先に詰め、その上に火の付いた方を乗せて、再び煙管で吸い始める。子供の頃はそんな姿が、かっこよいと思いながら眺めていました。

http://mainichi.jp/articles/20160412/ddl/k31/070/638000c

»新着情報一覧へ戻る

»ページ移動

 

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」