お知らせ

“全面禁煙”に値上げリレーを日本に先んじて導入した韓国「タバコ事情」はどうなっているのか


日本の喫煙者率が3年連続で過去最低を更新したという。

日本たばこ産業(JT)が7月30日に発表した調査結果によると、2018年5月時点の全国喫煙者率は17.9%。前年から0.3ポイント低く、過去最低を更新したそうだ。

つい先日も全庁舎禁煙を掲げる神戸市役所に喫煙部屋があったことがわかり、撤去されるとのことだが、喫煙者への風当たりは年々強くなっているとされている。

https://news.yahoo.co.jp/byline/shinmukoeng/20180802-00091450/

»新着情報一覧へ戻る

加熱式たばこ喫煙可能場所を開拓 JT「禁煙エリアでも利用しやすく」


日本たばこ産業(JT)が同社の加熱式たばこ「プルーム・テック(PT)」の喫煙可能場所開拓のための態勢を強化したことが1日、分かった。改正健康増進法の成立などで公共スペースの禁煙化が進むなか、においがほとんどしないPTを「禁煙エリアでも利用しやすい」とアピールし、飲食店やオフィスでの普及につなげる考えだ。

https://www.sankei.com/economy/news/180802/ecn1808020002-n1.html

»新着情報一覧へ戻る

タイムズレンタカー、すべて禁煙車へ 10月から


レンタカーサービス「タイムズカーレンタル」を全国に展開するタイムズモビリティネットワークスは10月から、約3万台のレンタカーすべてを禁煙車にする。14日発表した。公共交通機関で進む禁煙や、たばこの臭いを気にする利用者の増加を受けて踏み切る。

https://www.asahi.com/articles/ASL6H564CL6HUBQU00W.html?iref=pc_extlink

»新着情報一覧へ戻る

全席禁煙化、効果はいかに? 「串カツ田中」社長に聞く


串カツ田中ホールディングスが6月に大半の店舗で全席禁煙に踏み切りました。国や自治体の受動喫煙対策が進む中、居酒屋チェーンでは珍しい取り組みです。先んじて禁煙にした理由や客足への影響を貫啓二社長(47)に聞きました。

https://www.asahi.com/articles/ASL8164V7L81ULFA049.html

»新着情報一覧へ戻る

受動喫煙ゼロ、そろり前進 広がる全席禁煙店


他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が18日、成立した。多くの人が使う施設を原則禁煙とし、罰則付きで義務づけるかつてない規制だ。全面施行は2020年4月。飲食店では半数以上が例外扱いなど骨抜きが目立つが、「受動喫煙ゼロ」に向け、社会は少しずつ動き出している。

https://www.asahi.com/articles/ASL6X73V0L6XULBJ01B.html?iref=pc_rellink

»新着情報一覧へ戻る

全面禁煙の串カツ田中、想定外の来客2%増


居酒屋チェーンの串カツ田中ホールディングスは5日、全席禁煙を始めた6月の既存店の売上高が、前年同月より2・9%減ったものの、来客数は2・2%増えたと発表した。会社員や男性グループが減る一方、家族連れが増えたという。

http://blog.livedoor.jp/cleanair/archives/51568606.html

»新着情報一覧へ戻る

歌丸さん苦しめたCOPD 原因9割たばこ、予防は禁煙


2日に81歳で死去した落語家、桂歌丸さんが患っていた慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)。たばこの煙などの有害物質が原因で肺が炎症を起こし、呼吸がしにくくなる病気だ。COPDは息苦しいなどのつらい症状で生活の質(QOL)を低下させるだけでなく、虚血性心疾患や肺がんのリスクを高める。“たばこ病”とも呼ばれ、患者の約9割は喫煙者か元喫煙者で、予防はたばこを吸わないことに尽きるとされる。(平沢裕子)

https://www.sankei.com/life/news/180713/lif1807130006-n1.html

»新着情報一覧へ戻る

タバコフリーの五輪は実現するか? 東北大の全キャンパス全面禁煙に力を尽くした医師は語る


たばこが原因の呼吸器疾患の専門家で、東北大学の統括産業医でもある黒澤一さんのインタビュー後編は、東北大の全キャンパス敷地内全面禁煙を実現した道のりと、2020年の五輪開催地となる東京都の受動喫煙防止条例について伺いました。

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/drkurosawa-2?utm_term=.ws56qB1d9#.teGbpqBQl

»新着情報一覧へ戻る

桂歌丸さんを苦しめたCOPD、原因の9割喫煙 息切れは年のせいでない?


2日に81歳で死去した落語家、桂歌丸さんが患っていた慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)。

たばこの煙などの有害物質が原因で肺が炎症を起こし、呼吸がしにくくなる病気だ。COPDは息苦しいなどのつらい症状で生活の質(QOL)を低下させるだけでなく、虚血性心疾患や肺がんのリスクを高める。“たばこ病”とも呼ばれ、患者の約9割は喫煙者か元喫煙者で、予防はたばこを吸わないことに尽きるとされる。(平沢裕子)

http://news.livedoor.com/article/detail/15005794/

»新着情報一覧へ戻る

ありそうでなかったこの薫り、奥深く感じる抹茶の香りで和のひと時を“ニコチン0”“タール0”の【抹茶- 電子タバコ】新発売


株式会社ノルコーポレーション( 東京都調布市) 子会社ニューアークス株式会社より2018 年7月14日、薫りと風味にこだわったMade in Japan のフレーバースティック“抹茶- 電子タバコ-”を発売いたします。

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000065.000004063&g=prt

»新着情報一覧へ戻る

»ページ移動

 

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」