お知らせ

【人気急上昇!よくわかる専門外来】病気になる前に「禁煙外来」 医師、看護師、薬剤師が一体化で厚いサポート


★(3)神奈川県立循環器呼吸器病センター呼吸器内科部長・萩原恵里医師

「タバコをやめるくらいなら死んだほうがマシだ」と豪語する人ほど、肺の病気になると怖くなってやめてしまうという。ならば病気になる前にやめたほうが、健康はもちろん、世のため人のためにもなる。

https://www.zakzak.co.jp/lif/news/180713/lif1807130005-n1.html

»新着情報一覧へ戻る

世界最大級のネットカフェDiCE池袋店、全席鍵付きで安心安全に!


弊社グループ会社である株式会社ディスクシティエンタテインメント (本社:神奈川県横浜市、代表取締役:三田 大明)が運営するインターネットカフェ DiCE池袋店は、2018年7月11日にリニューアルオープン致します。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw3665354

»新着情報一覧へ戻る

郡山市長の「たばこは薬物」発言が波紋呼ぶ 禁煙学会は「当然の発言」と擁護


福島県郡山市の品川萬里(まさと)市長が先月4日、「たばこは嗜好(しこう)品ではなく薬物だ」と発言し、波紋が広がっている。市議会議員が市長の発言を批判し、たばこ農家や愛煙家への謝罪を要求。日本たばこ産業(JT)郡山支店ら10団体は7月10日、発言の撤回を求める意見書を提出した。

意見書では、郡山市内に葉たばこ農家が46戸(面積31ヘクタール)、たばこ販売店が520店あることから、たばこで生計を立てる人々への影響を懸念。さらに"薬物"という表現が非合法の麻薬等を連想させることから、 と市長の発言を批判している。

http://jp.news.gree.net/news/entry/2919153

»新着情報一覧へ戻る

受動喫煙法案、今国会で成立見通し 喫煙、専用室のみに


受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案が12日、参院厚生労働委員会で与党などの賛成多数で可決された。今国会で成立する見通し。多くの人が集まる施設や店舗は原則屋内禁煙となり、基本的に喫煙専用室以外ではたばこを吸えなくなる。東京五輪・パラリンピック前の2020年4月に全面施行する。

https://www.asahi.com/articles/ASL6T3H86L6TULBJ002.html

»新着情報一覧へ戻る

桂歌丸さん「タバコ病」と呼ばれるCOPDで死去~さまざまな業界に広がる禁煙化


7月6日、オウム真理教元代表の麻原彰晃(本名:松本智津夫)死刑囚ら7人の死刑が執行された。各死刑囚の分散移送後、複数メディアが政府関係筋の声として報じてきた「平成の事件は(次の時代に)持ち越さないほうが賢明」との異口同音的なXデー予告が、ついに具現化されたわけだ。

一方、4日前の7月2日、その「昭和そのもの」の人柄と生きざまで庶民から愛された一人の落語家が81年の人生を全うした。

http://healthpress.jp/2018/07/post-3710.html

»新着情報一覧へ戻る

非喫煙者に支給される「タバコ手当」 これって差別じゃないの?


かつては公共交通機関などでも吸うことができたタバコですが、昨今は禁煙が当たり前となっており、喫煙者は肩身の狭い思いをしています。

企業でも社員の健康を守るため、禁煙を促すことがあるようです。なかには、喫煙をしない社員に対し、優遇措置をとる会社もあると出ていると聞きます。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12154-086450/

»新着情報一覧へ戻る

中国の喫煙者は驚くはず「新幹線には喫煙ルームがあるぞ」=中国メディア


新幹線の車両内は禁煙となっているが、一部車両には喫煙ルームが設置してあるため、喫煙者は新幹線の乗車中もタバコを吸うことが可能だ。中国高速鉄道も車両内は禁煙であると同時に、喫煙ルームも存在せず、一部の喫煙者にとって乗車中はずっと我慢の時間となっている。

https://news.nifty.com/article/world/sech/12190-20180712_00003/

»新着情報一覧へ戻る

「最適解は、完全禁煙しかない」vs「たばこを吸う側の自由や満足を」 科学的な議論が受動喫煙政策に活かされない日本


受動喫煙対策が骨抜きにされた政府の健康増進法改正案が7月10日、参議院厚生労働委員会で審議され、医師、患者、行政、飲食店と様々な立場から招かれた参考人が意見を戦わせた。

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/sangiin-kouseiroudouiinnkai-2?utm_term=.ec1bPOXkd#.ievK6Pl28

»新着情報一覧へ戻る

東京都の子どもを受動喫煙から守る知識クイズ


「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(7月8日放送)では、東京都医師会会長の尾﨑治夫が出演し、「東京都の子どもを受動喫煙から守る知識クイズ」を紹介した。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12245-054400/

»新着情報一覧へ戻る

全席禁煙パチンコ店じわり 「たばこ臭い」イメージ払拭


受動喫煙対策を強化する改正健康増進法案が、今週中に成立する公算が大きい。施行後は、多くの人が利用する施設内は基本的にたばこを吸えなくなる。喫煙客が多いパチンコ店も例外ではない。まだわずかだが、禁煙にする店もじわりと増えている。

https://www.asahi.com/articles/ASL736JFQL73ULBJ013.html

»新着情報一覧へ戻る

»ページ移動

 

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」