お知らせ

米喫煙者660万人の「早死に」電子たばこで回避も=調査


[ロンドン 2日 ロイター] - 米ジョージタウン大学医療センターなどの科学者チームが実施し「タバコ・コントロール」誌に掲載された研究で、喫煙者が従来のたばこから電子たばこに切り替えれば、今後10年間に米国で最大660万人の早死にが回避できる可能性があることが分かった。

https://www.cinematoday.jp/news/N0095087

»新着情報一覧へ戻る

タバコを吸わない社員に「有休を付与」はアリ? ナシ? 「有給あっても使えるかどうかは別」「うちの会社にも」など賛否


わたしがかつて働いていた会社では、スタッフのほとんどが喫煙者。

そのため、“タバコ休憩”で席を外すことは日常風景と化していましたし、当時わたしは喫煙者だったので(現在は非喫煙者)、そのことを特になんとも思っていませんでした。

しかし非喫煙者からしたら、タバコ休憩って不公平なものなのかもしれません。喫煙者と同じように “ちょっとひと休み” できたらいいのに。ひょっとすると当時の少数派禁煙スタッフたちは、そんなふうに思っていたのかな……。

わたしがこのように考えるきっかけとなったのは、株式会社ピアラが2017年9月1日から導入するという「スモ休」制度に関する報道でした。

https://youpouch.com/2017/08/31/456293/

»新着情報一覧へ戻る

JTが加熱式たばこを発売、「少ない臭い」でアイコスに対抗


日本たばこ産業(JT)は29日に銀座と新宿に専門店を開店し、都内で加熱式たばこ「プルーム・テック」の販売を開始した。同社独自のアプローチで、加熱式たばこの全国販売で先行した米フィリップ・モリス・インターナショナルの牙城の切り崩しを狙う。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-06-28/OS936P6KLVR701

»新着情報一覧へ戻る

必死すぎる! 禁煙の会社でタバコを吸う人がした最悪行動3選


喫煙者にとって、仕事中というストレスが溜まる環境では普段よりもタバコが吸いたくなるものだ。

中には、禁煙の会社にも関わらずに、そんな吸いたいという欲求を我慢できずに、周りに迷惑をかけるような行為をしてくる喫煙社員もいるらしい。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161361310/

»新着情報一覧へ戻る

「タバコ増税」は税収を上げて喫煙率を下げる


財務省から値上げ認可を受けたフィリップ・モリス・ジャパンが、タバコの小売価格を値上げしたのは10月1日のことだ。当初はラークやパーラメントなども値上げする予定だったが、マールボロ銘柄のみがすべて10円値上げされた。同社のリリースによれば、日本国内のタバコ市場における「動向等を、総合的に考慮して判断したもの」のようだ。

 一方、こうしたタバコ産業の独自値上げとは別に、財務省が来年度の税制改正でタバコの増税を検討、という報道が夏前頃からチラホラ出され始めた。喫煙者や小売店などからの反発を緩和するため、どうもマスメディアを通じて情報を小出しにしている様子が見える。

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20171112-00078049/

»新着情報一覧へ戻る

受動喫煙防止で"公権力"をぶつ朝日と東京


他人のたばこの煙を吸い込む「受動喫煙」を防ぐため、東京都が飲食店などを原則、屋内禁煙とする条例案を公表した。自民党の反対で先送りされた国の「たばこ規制法案」の先取りだ。社説では朝日新聞(9月12日付)と東京新聞(13日付)がこの都の方針を「歓迎したい」「期待したい」と書いた。しかし、いずれの社説も「喫煙は違法ではない」と喫煙の権利について言及しているため、肝心な主張がぼやけてしまった。なぜ2紙は「公権力」などという言葉を持ち出してくるのか――。

http://president.jp/articles/-/23180

»新着情報一覧へ戻る

たばこの禁煙規制、火災や失踪リスクも? 高齢者施設の協議会の意見が切実すぎる


受動喫煙対策として、厚生労働省が飲食店や病院などでの禁煙規制を示した法案の原案を公表し、禁煙に向けた法整備や議論が盛んになっている。そんな中、とある団体の規制に対する意見が切実すぎると、Twitter上で話題になっている。

話題となっているのは、高齢者、障害者施設の支援などをする全国社会福祉協議会の意見。産経新聞が、2月15日で開かれた厚労省案を議論する自民党の厚労部会での発言として、協議会側が「高齢者施設などで一律に建物内禁煙とすると、失踪や火災などのリスクが高まる」と話したと報じた。

http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/03/smoking-ban_n_15126324.html

»新着情報一覧へ戻る

加熱式たばこ、主要3ブランドのメリデメ


JR有楽町駅から徒歩約5分。高級ブランドが並ぶ銀座2丁目の“ある店舗”は、平日にもかかわらずビジネスパーソンやカップルであふれ返っている。

 「IQOSストア銀座」。「マールボロ」ブランドを展開するフィリップモリスジャパン(PMJ)が今年3月にオープンした、加熱式たばこ「IQOS(アイコス)」の旗艦店だ。1階ではアイコス本体の予約販売や専用ケースなどの販売、修理受け付けなどに対応、2階ではカフェスペースを展開する。オープンから2カ月半足らずだが「平日の来店客は300人を超える」(PMJ)という。

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/226265/071900152/

»新着情報一覧へ戻る

子ども「受動喫煙条例案」報道が「加熱式タバコ」に触れない理由


9月20日、東京都議会の定例会に最大会派の都民ファーストの会(以下、都ファ)と、第二会派の公明党が、全国の都道府県で初めて子どもの受動喫煙を防ぐための「子どもを受動喫煙から守る条例案」を提出した。

 この前後、大手報道各社はこれを報じているが、その内容の多くは子どもに特化したことや、行政が家庭へ踏み込むことを危惧するものに限られ、ある「重要な条項」に不自然に触れていない記事がほとんどだ。

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20170922-00076054/

»新着情報一覧へ戻る

路上喫煙OK? 加熱式たばこ、対応に温度差


◆多治見市×「青少年への配慮」 岐阜市○「ポイ捨て少ない」

火を使わず、煙や臭いが少ない「加熱式たばこ」に関し、たばこの路上喫煙を制限する県内自治体で紙巻きたばこと同様に対象とするかどうかを巡り、対応が分かれている。「教育面から見れば、紙巻きと変わらない」との意見がある一方、「火を使わないので区別すべき」との見解も。たばこメーカーによる販売競争激化が予想される中、国の明確な基準はなく、戸惑いの声も聞かれる。

http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170614/201706140915_29859.shtml

»新着情報一覧へ戻る

»ページ移動

 

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」