お知らせ

マツコ、全面禁煙を求める風潮に苦言 「たばこと共になければならない店もある」


マツコ・デラックスさんが1月22日、コメンテーターとして出演した「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、飲食店の全面禁煙を求める昨今の風潮に苦言を呈した。自身も喫煙者だというマツコさんは、「全面禁煙すべき店とたばこも共になければならない店ってあると思う。たばこを吸わない人の気持ちはわかるけれど、"ブランデーを飲みながら葉巻を吸いましょう"みたいな店を禁煙にしちゃったら、文化もクソもなくなるじゃない」
と語った。

http://blogos.com/article/272989/

»新着情報一覧へ戻る

タバコを吸うと「膵臓がん」のリスクがハネ上がる


有名人がある病気で亡くなると、その病気が社会的に大きな関心を集めることがよくある。その病気と闘い抜いた故人のためにも、関心を持つ人はその病気について理解し、予防してリスクを少しでも下げ、早期発見診断・早期治療へつなげるべきだろう。

ちょっと前は肺腺がんに注目が集まっていたが、今はやはり膵臓がんに対する関心が高い。膵臓がんは、発生率が比較的低いわりに死亡率が高いが、その理由は治療しても予後が悪く、生存率が低いからだ。

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20180111-00080345/

»新着情報一覧へ戻る

1月13日「たばこの日」にちなみ、たばこの歴史を振り返ってみよう!


どんなに冷たい風が吹いていても、街角のとあるスペースには一定数の人々がたたずんでいます。その場所とは、そう「スモーキングエリア」です。
分煙が進む中、愛煙家の人にとっては喫煙スペースを確保するのもひと苦労といったところですが、猛暑、雪、雨にかかわらず屋外のスモーキングエリアには、仕事帰りのビジネスマンなどの愛煙家が多く集っています。今日1月13日は「たばこの日」。時代によって移りゆく、愛煙家にとっては生活に欠かせないたばこを取り巻く社会の変遷を振り返ってみましょう。

https://tenki.jp/suppl/y_kogen/2018/01/13/27784.html

»新着情報一覧へ戻る

加熱式タバコまで排除したがる嫌煙者の論理はどこまで正しいか


家庭にまで入り込む受動喫煙議論
嫌煙者も違和感を覚える風潮とは?
加熱式タバコにもバッシングの波が及んでいる。嫌煙家から見ても、この状況はさすがに行き過ぎの観がある

 日本経済新聞の2018年1月5日付夕刊に、興味深い記事が掲載された。昨年10月に東京都議会で可決された「子どもを受動喫煙から守る条例」に関するものだ。私も知らなかったが、この条例は自宅内、つまり個人のプライベート空間内で禁煙を促す全国初の条例だそうだ。

http://diamond.jp/articles/-/155559

»新着情報一覧へ戻る

タバコを吸う上司と吸わない部下、お店では喫煙席?禁煙席?


自分はタバコを吸わないが、喫煙者の上司と喫茶店やランチを供にすることが多々ある……しかし、いつも喫煙席を選ばれ、困っているという人はいないだろうか。「教えて!goo」にも、「タバコを吸う上司と吸わない新人が、喫茶店に行ったら?」とユーザーから質問が投稿されていた。そこで今回はGCDF―Japanキャリアカウンセラーの伊藤華余子さんに対処法を聞いた。

https://oshiete.goo.ne.jp/watch/entry/2fdabc328acf049c5e5853cc1b016f26/

»新着情報一覧へ戻る

禁煙何年で発がんリスク「帳消し」に?女性11年、男性は…


喫煙が発がんリスクなのは、もはや全世界の常識。

 ところが、2016年の国民健康・栄養調査によると40代、50代の男性の喫煙率は約4割、女性は13%前後と、決して低くはない。次年度からたばこ税が上がりそうな気配もあり、今年こそは禁煙を、と思う人もいるだろう。

http://diamond.jp/articles/-/155316

»新着情報一覧へ戻る

フィリップ・モリス、新年に禁煙の誓い 英でキャンペーン


ニューヨーク(CNNMoney) たばこ大手のフィリップ・モリス・インターナショナルが、英国で「禁煙」を呼びかける宣伝キャンペーンを開始した。新聞各紙には「新年の誓い:禁煙に挑戦」という広告を掲載している。

今回の宣伝キャンペーンは、煙の出ない代替製品を開発する取り組みの一環として2日から始まった。

フィリップ・モリスはCNNMoneyの取材に対し、「喫煙者に害の少ない代替製品を提供することは、公衆衛生に対する常識的なアプローチであり、世界の専門家や衛生当局の支持も増えつつある」とコメント。「現代の科学や技術のおかげで、より良いたばこの代替製品が提供できる」と説明している。

https://www.cnn.co.jp/business/35112750.html

»新着情報一覧へ戻る

なぜ日本は「たばこ規制枠組条約」を遵守できないか


日本は「たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約(たばこ規制枠組条約、WHO Framework Convention on Tobacco Control、以下、FCTC)」の締約国だ。FCTCは2005年2月27日に発効している。この条約により、日本でも発効に先んじてタバコ広告規制を強化(テレビなどの広告原則禁止など。2004年3月、財務省の指針)を行い、発効後の2005年にはタバコのパッケージに文字による注意文言を表示した。

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20180104-00080107/

»新着情報一覧へ戻る

喫煙者でも許せなかった「タバコを吸う人の食事時のマナー」3選


喫煙者同士の席では、つい気持ちが緩みタバコのマナーも忘れてしまいがちだ。

だが、お互いに愛煙家とはいえ、食事中にどちらか一方が相手のモラルのなさにイラっとすることもあるのだとか。

しらべぇ取材班は、タバコを吸う人々を対象に、「喫煙者でも許せなかった、食事の席でのタバコの不快行動」を聞いてみた。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161420545/

»新着情報一覧へ戻る

明けましておめでとうございます!


明けましておめでとうございます!

昨年中はたくさんの皆様にアレンカーの禁煙セラピーを受講いただき心より感謝いたします。

皆様のお力になれるよう、本年も力を尽くしていく所存でおりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

»新着情報一覧へ戻る

»ページ移動

 

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」