お知らせ

どうして日本の新幹線では喫煙場所があって、中国の高速鉄道でタバコを吸うと罰金を取られるのか=中国メディア


中国メディア・今日頭条は9日、「どうして日本の新幹線は喫煙できて、中国の高速鉄道で喫煙すると大変なことになるのか」とする記事を掲載した。

記事は、「日本はルールに厳しく、路上で随意に喫煙できないようになっている。しかし、新幹線では喫煙ができるのだ。これはわが国の高速鉄道が厳しく喫煙を禁じているのとは全く違う。どうして日本ではこの点において緩いのだろうか」とした。

http://news.searchina.net/id/1662918?page=1

»新着情報一覧へ戻る

“治りにくい”肺がん手術の現在 「集学的治療」が欠かせない 鳥集 徹


患者にかかる負担を軽くするために、肺がんでも傷の小さな胸腔鏡手術や、肺の切除を小さくする縮小手術が普及している。ただし、根治性や安全性がおろそかになっては本末転倒だ。

肺がんは、日本人でもっとも死亡数の多いがんで、しかも「難治がん」、つまり治りにくいがんの一つとされている。

http://bunshun.jp/articles/-/7115

»新着情報一覧へ戻る

「たばこは薬物だ」発言の郡山市長にJTなどが撤回求める


「たばこは薬物」などと発言した福島県郡山市の品川万里(まさと)市長に対し、日本たばこ産業(JT)東北支社や郡山たばこ販売協同組合など関係10団体は10日、発言撤回を求める意見書を同市長に提出した。

https://www.sankei.com/life/news/180710/lif1807100025-n1.html

»新着情報一覧へ戻る

【観国之光 218】受動喫煙防止 都が厳しい条例制定 本社論説委員 内井高弘


東京都の受動喫煙防止条例が6月27日の都議会本会議で、自民党を除く賛成多数で可決、成立した。国会で審議中の健康増進法改正案より厳しい独自基準が盛り込まれており、各方面に波紋を投げかけている。

https://www.kankokeizai.com/%E3%80%90%E8%A6%B3%E5%9B%BD%E4%B9%8B%E5%85%89-218%E3%80%91%E5%8F%97%E5%8B%95%E5%96%AB%E7%85%99%E9%98%B2%E6%AD%A2%E3%80%80%E9%83%BD%E3%81%8C%E5%8E%B3%E3%81%97%E3%81%84%E6%9D%A1%E4%BE%8B%E5%88%B6/

»新着情報一覧へ戻る

海は「タバコ吸い殻」汚染で泣いている


海の汚染では細かく砕かれたプラスチックのゴミが問題になっているが、海水浴場の場合はタバコのフィルターのゴミが多い。タバコのフィルターをポイ捨てする人が後を絶たないのはなぜだろう。

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20180711-00088921/

»新着情報一覧へ戻る

郡山市長の「たばこは薬物」発言が波紋 禁煙学会が「当然」と擁護


福島県郡山市の品川萬里(まさと)市長が先月4日、「たばこは嗜好(しこう)品ではなく薬物だ」と発言し、波紋が広がっている。市議会議員が市長の発言を批判し、たばこ農家や愛煙家への謝罪を要求。日本たばこ産業(JT)郡山支店ら10団体は7月10日、発言の撤回を求める意見書を提出した。

http://news.livedoor.com/article/detail/14997073/

»新着情報一覧へ戻る

タバコはれっきとした「薬物」である


福島県郡山市の品川萬里市長が「タバコは嗜好品ではなく『薬物』」と発言し、JT(日本たばこ産業)などが発言の撤回を求めた意見書を提出して議論になっている。市長という立場から公的な発言とされ、地元の葉タバコ農家やタバコ販売業者などへの配慮から批判の声もあるが、市長は医学的な見地からの発言で謝罪を否定しているようだ。

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20180711-00089002/

»新着情報一覧へ戻る

福島・郡山市長「たばこは薬物」と発言し業界団体が反発 / このことについて喫煙者の反応は……


喫煙者はこれから先、間違いなく絶滅の危機に直面するだろう。2020年の東京五輪に向けて、東京都は受動喫煙防止条例を施行し、今よりもたばこの吸える場所は制限されていく。すでにこの7月から全面禁煙に踏み切った外食チェーンもあるほどだ。

そんななか、福島県の郡山市長の発言に業界団体が不快感をあらわにしている。品川万里(まさと)市長は、「たばこは薬物」と発言したそうなのだが……。この一連の流れに私(佐藤)は疑問符が浮かんだ。そして喫煙者はこのことをどう捉えているのだろうか。

https://rocketnews24.com/2018/07/11/1089531/

»新着情報一覧へ戻る

福島・郡山市長「たばこは薬物」と発言し業界団体が反発 / このことについて喫煙者の反応は……


喫煙者はこれから先、間違いなく絶滅の危機に直面するだろう。2020年の東京五輪に向けて、東京都は受動喫煙防止条例を施行し、今よりもたばこの吸える場所は制限されていく。すでにこの7月から全面禁煙に踏み切った外食チェーンもあるほどだ。

そんななか、福島県の郡山市長の発言に業界団体が不快感をあらわにしている。品川万里(まさと)市長は、「たばこは薬物」と発言したそうなのだが……。この一連の流れに私(佐藤)は疑問符が浮かんだ。そして喫煙者はこのことをどう捉えているのだろうか。

https://rocketnews24.com/2018/07/11/1089531/

»新着情報一覧へ戻る

連続喫煙可能! 深い味わいが楽しめる加熱式たばこ


「SEC」は、バッテリー一体型で長さ112.8㎜という携帯性抜群の加熱式たばこ(iQOS互換機)。LEDで囲んだ大きなボタンを操作するだけの簡単シンプル設計。たばこスティックを差し込んでボタンを短く3回押し、LEDが点滅から点灯に変われば喫煙できる。電池残量が少なくなるとLEDが赤く光って知らせ、本体側面からmicroUSB充電する仕組み。フル充電で約10本喫煙でき、通常のヒートブレードが片面ヒートなのに対し、両面ヒートになっているため、より深い味わいが楽しめる。セット内容はSEC本体、microUSB充電ケーブル、予備シリコンリング、クリーニング綿棒。価格は景品交換時に求めやすく、かつホールの取り扱いにも配慮した設定になっている。

https://www.yugitsushin.jp/products/連続喫煙可能!-深い味わいが楽しめる加熱式たば/

»新着情報一覧へ戻る

»ページ移動

 

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」