お知らせ

【ブチギレ】新幹線の喫煙室から「タバコを吸い終わってるのに出てこない女たち」は立ち話をやめると死んでしまうのか?


ことあるごとに問題視される喫煙者のマナーやモラル。個人的にはここ数年で喫煙者のマナーは劇的に改善されたと思っているが、それでも歩きタバコを始めとするルール破りはちょいちょい目にする。大多数の喫煙者は決められた場所でタバコを楽しんでいるだけに、非常に残念な気持ちでいっぱいだ。

さて、今回はつい先日私(P.K.サンジュン)が経験した、新幹線での喫煙マナーについて紹介させていただきたい。今の時代に禁煙車両でタバコを吸う大馬鹿者はさすがに見かけないが、新幹線の喫煙所を占拠する人たち(主に女性)は一体何のつもりなのだろうか?

https://rocketnews24.com/2017/11/16/980963/

»新着情報一覧へ戻る

おそロシア…タバコにキレた男が喫煙者のムスコを切断して殺害する事件が発生


タバコは吸いだしたら簡単にやめられないというが、吸わない人にとって喫煙者は迷惑な存在だったりする。困った時は場所を移動したり、子供を連れている時などは「喫煙を遠慮してください」と告げる人もいるだろう。

その辺のマナーは喫煙者も吸わない人もお互いに気遣いたいところだが、ロシアでタバコが原因となり、信じられないような事件が発生した。なんとタバコにキレた男が、喫煙者であるルームメイトのムスコを切断して殺害したというのである……。

https://rocketnews24.com/2018/01/08/1000594/

»新着情報一覧へ戻る

【疑問】受動喫煙対策を推進してるのに、どうしてタバコを販売しているのか? 厚労省に尋ねた結果


2020年東京五輪に向けて、喫煙の包囲網はドンドン狭められている。受動喫煙対策で、全面的に禁煙を実施する店舗が増える見込みだ。街から灰皿は撤去され、さらなる増税が待ち構えている。

唯一、頼みの綱だった加熱式タバコも受動喫煙対策の規制対象に加えると、厚労省が発表した。これはもう、喫煙者は絶滅の危機に瀕しているのではないか? それならいっそ、タバコの販売を取り止めればいいのに、どうしてタバコを売っているのか? 気になったので厚労省に尋ねてみた。

https://rocketnews24.com/2017/12/21/997296/

»新着情報一覧へ戻る

脳や心臓にも悪いたばこ 春に心機一転、禁煙してみては


ことあるごとに私はこの場をお借りして「たばこ」の害悪についてお話ししております。たばこが良くない証明がまた一つ増えそうなのでお伝えしたいと思います。

http://www.sankei.com/west/news/161213/wst1612130003-n1.html

»新着情報一覧へ戻る

禁煙できない人は「精神状態に問題を抱える貧困層」に多い ー英研究


昔からタバコは「嗜好品」というイメージでしたが、健康志向の高まった現代社会では、喫煙者の多くはむしろ貧困層や社会的弱者だという事実に驚く方も多いかもしれません。拡がり続ける社会的・健康的格差に歯止めをかけようとする動きがある一方で、その行く手を阻むものは何なのでしょうか。イギリスの事例をみていきましょう。

https://www.mag2.com/p/news/178046

»新着情報一覧へ戻る

»新着情報一覧へ戻る

【時論】たばこの箱に警告表示を掲載する理由=韓国(1)


今年12月23日からすべてのたばこの箱の前・裏面に肺がんを手術する写真など10種類の警告表示が義務化される。たばこ企業や喫煙擁護団体は、警告表示が喫煙者やたばこ販売者の基本権を侵害すると騒いでいる。禁煙に役立たない政策だという指摘もする。

なぜたばこに、こんなおぞましい写真をつけて商品の危険性を知らせるのだろうか。

http://japanese.joins.com/article/819/214819.html?servcode=100§code=120

»新着情報一覧へ戻る

大学生たばこ事情


習慣的喫煙者わずか14% 全面禁煙のキャンパスも

お酒と同じく、成人から解禁されるたばこ。喫煙者の多くが大学入学後に吸い始めたことだろう。しかし最近の嫌煙ブームで近年、学内の喫煙所は減少し、大学によっては全面禁煙を行うところもある。20歳以上の大学生と大学OBたちに、昨今のたばこ事情を聴いてみた。(★は女子、☆は男子、丸数字は学年)

http://mainichi.jp/articles/20160422/dde/012/070/012000c

»新着情報一覧へ戻る

厚生労働省・たばこ調査結果から見る禁煙意思の男女差とは


厚生労働省の調査をもとに、禁煙意識の男女差を考察している

男性では59%、女性では63%が禁煙あるいは減煙を望んでいる

男性は減煙希望者率の方が多いが、女性は禁煙希望者の方が多い

http://news.livedoor.com/article/detail/11449739/

»新着情報一覧へ戻る

禁煙がいつまでもできない人に共通する思考 難しくしているのは肉体の禁断症状ではない


「私はもう50年、たばこを吸い続けています。そしてわが家でも、自由にたばこを吸い続けておりまして、子どもが4人、孫が6人、いっさい誰も不満は言いませんし、みんな元気に頑張っております」

受動喫煙防止対策をめぐり、厚労省案と自民党の対案について議論が行われた5月。ある衆議院議員の発言に耳を疑った。たばこを吸い続けている喫煙者の本音は、こんなところなのだろうか。

https://toyokeizai.net/articles/-/181879

»新着情報一覧へ戻る

»ページ移動

 

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」