お知らせ

【大論争】どうなる? どうする? 飲食店のタバコ問題


仕事帰り、なじみの居酒屋さんで生ビールを一口。
そして、いつものタバコに火をつけて一服。
あー、労働後の一服はたまらないねぇなぁーなんて人も多いかもしれないが、
こんなことができなくなる日がもうすぐやってくるかもしれない……。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、飲食店におけるタバコのルールが大きく変わろうとしている。2017年3月1日、厚生労働省は、他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙防止策を罰則付きに強化する健康増進法改正案の骨子を発表し、年度内での国会提出および可決を目指している。

https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/yasushi-nishimuta/17-00157

»新着情報一覧へ戻る

車内で喫煙すると警察に通報されるようになる?都民ファーストの「禁煙」公約の中身


ひとえに「愛煙家」といっても、喫煙マナーは十人十色――。
 たとえば、結婚や同棲を機に相手(禁煙者/嫌煙者)の気持ちを忖度して、家では「ホタル族」に転向した人もいれば、「子どもが生まれるまでホタル族には踏み切れなかった」と苦笑される方や、「妻の妊娠を機にベランダ派に切り替えた」という中間派もいるかもしれない。

http://biz-journal.jp/2017/08/post_20123.html

»新着情報一覧へ戻る

たばこの受動喫煙で年1.5万人死亡…厚労省発表にJTが反論「科学的な結論は得られていない」


たばこの受動喫煙防止対策の強化を図る健康増進法改正案が、秋の臨時国会で提出される見込みだ。当初、同案は通常国会での提出が予定されていたが、厳格な規制を求める厚生労働省と反発する自民党の間で足並みが揃わなかった。

国の対策が進まないなか、東京都の小池百合子知事は独自の受動喫煙防止条例を制定する動きを見せている。背景にあるのは、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの存在だ。世界保健機関(WHO)と国際オリンピック委員会(IOC)は、いずれも「たばこのない五輪」を求めている。

http://biz-journal.jp/2017/08/post_20255.html

»新着情報一覧へ戻る

「路上禁煙区域」で吸う人の論理 江戸川区日台親善議員連盟会長、前江戸川区議会議員の田中けん氏に聞く


2020年の東京五輪を前に、禁煙問題が社会的な課題となっている。「タバコのない五輪」を掲げるIOC(国際オリンピック委員会)は、五輪会場はもちろん、開催都市の屋内施設の禁煙化を目指しているが、日本及び東京では、一部の自治体が受動喫煙防止の法制化に取り組んでいるものの、罰則規定が弱いなどまだ不十分なのが現実だ。

 加えて、多くの非喫煙者は「喫煙問題に関しては、今の日本ではたとえルールを作っても十分に機能するかは不透明」とも考えている。そんな諦めの根拠となっているのが、自治体が定めた「路上禁煙区域」でも意に介せず堂々と吸う喫煙者の存在だ。受動喫煙防止運動の第一人者と共に、路上禁煙区域で吸う人の論理を分析する

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/238739/020100231/

»新着情報一覧へ戻る

【喫煙悲報】タバコまた値上げ! フィリップモリスジャパンが82銘柄の価格改定を申請


今から約20年前、私(佐藤)がまだ20代半ばだったころ、タバコは今よりもずっと安かった。紙巻タバコのセブンスターが250円、エコーが170円だったと記憶している。お金がない時はエコーばっかり吸って、急場をしのいでいたものだ。

それから次第に値上げが始まり、あのエコーが当時のセブンスターの価格を抜き280円になったと知って、衝撃を受けている。どこかで値が落ちつくのかと思ったら、フィリップモリスジャパンはさらに値上げすることを財務省に認可申請したのだ。喫煙者にとっては悲報だ。タバコ価格は天井知らずかよ……。

https://rocketnews24.com/2017/05/17/902009/

»新着情報一覧へ戻る

車内喫煙をとがめたら「ちょっとくらい我慢しろよ」とキレた上司 「なら辞めます」と言った部下が悪いのか?


Q&AサイトのYahoo!知恵袋に、こんな相談が寄せられていました。相談者さんは、食品工場で正社員として働き始めて10日ほどの新人男性。事務用品の買い出しのために、上司と2人で車に乗って出かけることになりました。

移動中、上司がいきなりタバコに火を点け始めました。吸っていいかと断ることもなければ、窓も開けてくれません。煙だらけになった車内に我慢できず、相談者さんは窓を開け、「すみません。タバコの煙は苦手なので、コンビニで吸ってもらってもいいですか?」とやんわりお願いしたのだそうです。(ライター:Makiko.N)

https://news.careerconnection.jp/?p=39812

»新着情報一覧へ戻る

宙に浮く加熱式たばこの規制 有害性の判別は五輪後?


2020年の東京五輪・パラリンピックを前に受動喫煙防止の議論が過熱するなか、火を使わない加熱式たばこが普及している。もっとも有害性の知見は定まっておらず、規制は未整備。原則禁煙だが加熱式はOKという飲食店も出始めている。日本は世界の加熱式の売上高の9割を占める「先進地域」で、社会に受け入れられるかどうかの試金石にもなりそうだ。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO18456130U7A700C1NZBP00?channel=DF220420167266

»新着情報一覧へ戻る

【突撃】歩きタバコしている人28名に「なんでここで吸ってるんですか?」と聞いたらこうだった


歩きタバコ。駅や飛行機の中でもタバコを吸えた一昔前の日本ならいざ知らず、現代日本において歩きタバコはマナー違反である。良くない……実に良くない。私(P.K.サンジュン)はキャリア18年の喫煙者だが、歩きタバコはマジで許せない。

なぜ許せないかというと……必死でマナーを守っている喫煙者まで「これだからタバコ吸うヤツは(怒)」と思われてしまうからだ! ムッキーーー!! 許せん! 断じて許せん!! というか、この期に及んでまでなぜ彼らは歩きタバコをしてしまうのだろうか? サッパリわからねぇ……。

https://rocketnews24.com/2016/12/23/840521/

»新着情報一覧へ戻る

喫煙者に家族がとるべき「3つの態度」とは


喫煙者の多くはタバコについての知識が豊富だ。タバコの害についても、かなりよく調べて知っている人も多い。だから、タバコのパッケージに悲惨な症例の写真や警告表示を載せるのは、未喫煙者や社会に対するインパクトは大きくても、喫煙者自身にはあまり効果はない、という意見もある。

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20170606-00071782/

»新着情報一覧へ戻る

もう隣人のタバコに悩まされない!「禁煙マンション」ってどんなマンション?


2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた取り組みの一つに、受動喫煙対策の強化がある。街中での喫煙エリアの縮小、飲食店、パブリックスペースの分煙化などさまざまな動きがあるなか、住宅業界においてもユニークな事例が出てきた。旭化成ホームズが展開する「禁煙マンション」だ。居室部分を含む建物内および、敷地内の喫煙を完全に禁止にした賃貸マンションである。その狙いや背景、今後の展開などについて同社に聞いた。
契約書に「喫煙禁止」のルールを明記する徹底ぶり
2014年11月からスタートした「禁煙マンション」は現在、東京都内で30~40棟。1LDK~2LDKの、シングルもしくは夫婦2人暮らしを想定した物件が多い。禁煙マンションといっても特別な設備があるわけではなく、「喫煙をしない」というルールのみが共有されている。

https://www.excite.co.jp/News/economy_clm/20170512/Suumo_133062.html

»新着情報一覧へ戻る

»ページ移動

 

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」